いなべ総合、延長サヨナラ負け…指揮官「夏への課題もらえた」

[ 2016年3月24日 14:44 ]

<高松商・いなべ総合>サヨナラ暴投に肩を落とす、いなべ総合・渡辺啓(左)

第88回選抜高校野球大会1回戦 いなべ総合学園6―7高松商

(3月24日 甲子園)
 春初出場のいなべ総合学園は勝利まであと一歩だった。7回に逆転するも9回に1点差を追いつかれ、延長10回にワイルドピッチで高松商にサヨナラ負けを喫した。

 尾崎監督は試合後のインタビューで大きくため息をついてから「ありがとうございました。選手たちはよくやってくれたと思うし、夏への課題を多くもらえた」と振り返り、「簡単には勝てない場所なので、しっかりと修正してまた夏に出てきたいです」と夏への巻き返しを誓っていた。

続きを表示

この記事のフォト

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2016年3月24日のニュース