【吉村禎章氏セパ順位予想】上位4チーム混戦も巨人打線低迷は底打ち

[ 2016年3月24日 11:23 ]

今年2月、巨人宮崎キャンプを視察し、高橋監督と言葉をかわす吉村禎章氏

 ≪吉村氏のセ・リーグ順位予想≫

 1位・巨人

 2位・ヤクルト

 3位・阪神

 4位・DeNA

 5位・広島

 6位・中日

 私自身の経験から考えても、巨人打線が昨季に続いてあれほどの不振に陥るとは思えない。岡本ら若手も力を付けつつある。面白いのは阪神か。ルーキー・高山、先発の藤川…。勢いに乗れるか。上位4チームは混戦が続く。夏場から秋口にかけて、層の厚さで差が出てくると思う。

 ≪吉村氏のパ・リーグ順位予想≫

 1位・ソフトバンク

 2位・ロッテ

 3位・日本ハム

 4位・西武

 5位・オリックス

 6位・楽天

 ソフトバンクは昨季シーズン90勝。今季も走攻守、全てにおいてバランスが取れている。他の5チームがどこまで食らいつけるか。ロッテは涌井、日本ハムは大谷と投の柱がおり、大きな連敗はなさそう。昨季はロッテ、日本ハムともヤフオクドームで負け越しが5。敵地で意地を見せたい。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年3月24日のニュース