稼頭央「打球がうねる」今江は“芝濡らさないで” 天然芝チェック

[ 2016年3月24日 05:30 ]

内野も天然芝になり投手陣が野手と連係練習

 天然芝に張り替えられたグラウンドで初練習を行った楽天ナインはノックに時間を割き、打球の球足や転がり方を確認。

 人工芝に比べ打球の勢いが弱まるため、松井稼は「打球がうねってくる」と感想を述べた。今江はグラウンドキーパーに試合前に土の部分に水をまく際、芝を濡らさないよう依頼。「天然芝でただでさえ神経使うのに、水が付くとゴロだとボールがぐちゃぐちゃになる」と準備に余念がなかった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年3月24日のニュース