OP戦12球団ワースト2の貧打…巨人・坂本ら主力が異例の居残り特打

[ 2016年3月24日 05:55 ]

居残りで特打を行う坂本(左)とクルーズ

 巨人の坂本、ギャレット、クルーズ、立岡のクリーンアップと1番候補の4選手が全体練習後に特打を行った。

 オープン戦もチーム打率は.222で12球団中、11番目と振るわなかった。開幕戦を2日後に控えたこの時期に主力選手が居残り特打を行うのは異例。「練習から調子は良かったし、いいイメージで(打てた)」と坂本。4番を任される新助っ人のギャレットは「開幕戦は特別。みなぎるものがあるし、興奮する」と気持ちを高ぶらせていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年3月24日のニュース