PR:

台湾、力負け2連敗…洪一中監督 大敗を謝罪「不本意な結果」

日本通運 Presents 侍ジャパン強化試合 台湾代表3―9日本代表

(3月6日 京セラD)
 台湾は3回に重盗を決めて先制したが、その後は追加点を挙げられずに逆転されると、2点を追う9回には大量6失点。洪一中監督は「不本意な結果となり、すみませんと申し上げたい」と大敗をわびた。

 来年のWBCで強力なライバルとなる日本に投打とも力負けして2連敗。指揮官は「勝ちたいのであれば米国や日本でプレーする台湾の選手にも必ず参加してほしい」とベストメンバーを編成する必要性を力説した。

[ 2016年3月7日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:11月19日12時〜13時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      プロ野球

      カレッジスポーツ

      特集・コラム