台湾、力負け2連敗…洪一中監督 大敗を謝罪「不本意な結果」

[ 2016年3月7日 05:30 ]

日本通運 Presents 侍ジャパン強化試合 台湾代表3―9日本代表

(3月6日 京セラD)
 台湾は3回に重盗を決めて先制したが、その後は追加点を挙げられずに逆転されると、2点を追う9回には大量6失点。洪一中監督は「不本意な結果となり、すみませんと申し上げたい」と大敗をわびた。

 来年のWBCで強力なライバルとなる日本に投打とも力負けして2連敗。指揮官は「勝ちたいのであれば米国や日本でプレーする台湾の選手にも必ず参加してほしい」とベストメンバーを編成する必要性を力説した。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2016年3月7日のニュース