PR:

大谷、プロ初4番も淡々…4打数1安打1打点「打順は関係ない」

<日・D>3回2死一塁、中前打を放った大谷

オープン戦 日本ハム1-4DeNA

(3月6日 札幌D)
 日本ハム・大谷が対外試合で初めて4番に起用され、4打数1安打1打点。侍ジャパンに招集されている中田の代役とあって「オープン戦なので打順は関係ない。何も言われていないし、試合前も(打順が)紙に書いてあっただけなので…」と試合後はいつもと同じく冷静だった。

 3回2死一塁ではペトリックの初球直球を中前へ運んだ。「まあ、真ん中だったのでね」と火が噴くような痛烈な打球でスタンドを沸かせた。ただ、初回1死一、三塁で遊ゴロ。併殺崩れとして1打点を稼いだが、5回1死一、二塁でも左飛。8回は見逃し三振。栗山監督が「(4番に入って)スイッチが入るかと思ったが…」と話すなど、満点デビューとはいかなかった。

 今後は9日のDeNA戦(鎌ケ谷)先発登板へ向けて、投手モードで調整していく。(横市 勇)

 ▼日本ハム・斎藤(8回を3者凡退に抑え)直球で押していけたのは良かった。こういう投球を2、3回と続けないといけない。

[ 2016年3月7日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:10月15日17時〜18時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      プロ野球

      特集・コラム