黒田、メヒアの打球直撃で3回途中降板 今後は7日の練習を見て…

[ 2016年3月7日 05:30 ]

<広・西>3回1死一、二塁、黒田はメヒアの打球を足に当て頬を膨らます

オープン戦 広島3―4西武

(3月6日 マツダ)
 広島・黒田がアクシデントに見舞われた。西武とのオープン戦に初先発しメヒアの打球が左内くるぶしに当たり、2回2/3を投げ6安打3失点で降板した。

 「バットのシンじゃないので、ダメージはそんなにない」

 黒田は気丈に話したが、首脳陣は一様に心配顔。緒方監督も「次の調整とか開幕に向けてが心配。トレーナーが“関節にかかっている”と話していたので…」と話した。

 そんな中でも収穫はあった。キャンプ中から習得に取り組むチェンジアップがそれ。2回2死一、二塁で栗山に対しフルカウントから133キロの新球は外角ボールゾーンに絶妙に沈み体勢を崩させて遊ゴロ。「目指すところは高いけど何とかこのレベルまで来たかな」。右打者への内角カットボールにも手応えを得た。3回無死二塁、浅村を追い込み最後は見逃し三振。「(右打者に)ツーシームを意識させてカッターが使えれば幅が広がるし、左の外から入れるバックドアのカッターとしても使える」。

 今後は、7日以降のようすを見て開幕まで2試合の登板をさぐる。予定される3月26日DeNA戦(マツダ)に向け、大事に至らないことを願うばかりだ。

 ▼広島・松原慶直1軍チーフトレーナー(アイシング治療した黒田の患部について)ダイレクトに当たっているので腫れは出てくると思う。あす(7日)練習をするので、状況を確認して判断したい。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2016年3月7日のニュース