PR:

初招集の戸根&森が3人斬り 指揮官「チャンスをいい形でものに」

日本通運 Presents 侍ジャパン強化試合 日本代表9―3台湾代表

(3月6日 京セラD)
 初招集組がそろって3人斬りの好投を見せた。3―1の6回に登板した戸根は、左打者2人をあっさり打ち取るなど1番から始まる台湾打線をわずか9球で料理。人生初の日の丸を背負っての舞台に「プロ初登板の日を思い出すような高揚した気持ちだった。誰しもができる経験ではないし、一皮も二皮もむけていければ」と目を輝かせた。

 7回から登板した森はマウンド上で雄叫びを上げながらの熱投。3つのフライアウトで仕事を終え「僕だけ打たれるのは絶対嫌だったので抑えたいと思っていた。凄く緊張した」と安ど。2人は辞退した投手に代わる追加招集だったが、小久保監督は「このチャンスをいい形でものにしたと思います」と称賛した。

 ▼武田(先発で3回1失点。3回に自身の失策が失点につながる)少し慌てたところもあり、余計な1点を与えてしまった。そこは良くなかった。

[ 2016年3月7日 10:04 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:10月22日11時〜12時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      プロ野球

      特集・コラム