ロッテ荻野、広角4安打 伊東監督がゴロ打つスイング徹底指導

[ 2016年3月7日 05:30 ]

<オ・ロ>5回2死、左前打を放つ荻野

オープン戦 ロッテ4-5オリックス

(3月6日 わかさ)
 ロッテの2番・荻野が4安打を放った。左前打2本と右前、中前と広角に打ち分け「安打が出てよかった」。

 前日の阪神戦(甲子園)前の打撃練習中に、伊東監督から「足が武器なのにフライが多すぎる」と左脇にボールを挟み、脇を締めてゴロを打つスイングを徹底指導された。9回無死満塁で二飛を打ち上げた反省も生かし、この日の固め打ちにつなげた。

 オープン戦4試合で16打数7安打、打率・438と好調の30歳は「自分のできることをやるだけ」と力強く話した。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2016年3月7日のニュース