梨田楽天始動「実感湧いてきた」 若手にコンニャク打法伝授も

[ 2015年11月2日 18:15 ]

 楽天は2日、岡山県倉敷市で秋季キャンプを開始し、梨田昌孝新監督が本格始動した。背番号99の真新しいユニホームに袖を通し「実感が湧いてきた。すがすがしい気持ち」と笑みを浮かべた。

 午前中は新人の安楽に助言を送るなど投球練習をじっくり観察した。昼食後は打撃練習を見守り、中でも和製大砲と期待される2年目の内田には1時間近くもつきっきりで指導。悪癖を矯正するため、自身の代名詞の「コンニャク打法」にも取り組ませ「打撃ってこんな感じというのをつかんでくれたら」と話した。

 昨年はなかった夜間練習を復活させるなど、2年連続最下位からの巻き返しへ、精力的な姿勢を示す。倉敷マスカットスタジアムの球場名に掛け「ここで練習して、来年は『まあ、すかっと』勝つようにしたい」と上機嫌に意気込んだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年11月2日のニュース