横浜 逆転負けでセンバツ絶望的…平田新監督ぼう然

[ 2015年11月2日 05:30 ]

秋季高校野球関東大会1回戦 横浜(神奈川)1―3常総学院(茨城)

(11月1日 市営大宮)
 横浜(神奈川)は逆転負けを喫し、来春センバツへの出場が絶望的となった。

 今夏限りで勇退した渡辺元智監督の後を継いだ平田徹監督は「私自身も選手もまだこの現実を受け止めきれない」とぼう然自失の表情。1―0の5回に藤平が逆転2ランを浴び、救援した石川も連打で3点目を許した。捕手の福永は「1球の大切さをあらためて知った。これで甲子園はもう来年は夏しかないので、自分のリードを磨いていきたい」と声を絞り出した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年11月2日のニュース