阪神榎田の弟、日本新薬の宏樹 社会人5年目で9K初完封

[ 2015年11月2日 05:30 ]

<日本新薬・信越硬式野球クラブ>5安打9奪三振で完封勝利の日本新薬・榎田

スポニチ後援第41回社会人野球日本選手権第3日・1回戦 日本新薬1―0信越硬式野球クラブ

(11月1日 京セラドーム)
 阪神・榎田の弟、日本新薬の宏樹が社会人5年目で初の完封勝利。

 初回に得意のフォークを連打されたが、直球主体の投球に切り替え「2回以降は思うようにコントロールできた。低めに集めて打たせれば、バックが処理してくれると信じていた」。5安打9奪三振の快投。岩橋良知監督は「途中で投球を切り替えられるのが彼の良さ」とエース左腕を絶賛した。

 ▼信越硬式野球クラブ・高橋雄(7回1/31失点、9奪三振の力投も報われず)最後は甘さが出てしまった。これからは負けない投手になりたい。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年11月2日のニュース