ナショナルズ ハーパーが名誉ある賞の表彰式を欠席 その理由は…

[ 2015年11月2日 09:30 ]

ナショナルズのブライス・ハーパー外野手 (AP)

 ナショナルズのブライス・ハーパー外野手(23)は今季のハンク・アーロン賞に選出されたが、10月31日にワールドシリーズ第4戦が行われたニューヨークのシティ・フィールドで行われた表彰式に姿を現さなかった。

 同賞は卓越した打者に贈られ、アーロンがベーブ・ルースの714本の通算最多本塁打記録(当時)を破ってから25周年を記念して創設されたもの。ア・リーグから選出されたブルージェイズのドナルドソンは表彰式に出席したが、ナ・リーグのハーパーはビデオメッセージのみだった。

 偉大な選手の名前が冠された賞の表彰式をキャンセルしたことに疑問を感じた人々も多かったが、米CBSスポーツの名物記者であるジョン・ヘイマン氏によると、その理由は同地区のライバル球団メッツの本拠地で、ファンからのブーイングを受けたくなかったからとのこと。

 ちなみにハーパーは今季、メッツ戦で打率2割5分4厘、4本塁打、8打点という成績。得意としている球団とは言えず、シティ・フィールドでも打率2割2分9厘、1本塁打、5打点と、球場との相性も良くないようだ。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年11月2日のニュース