静岡で公式戦開催を!日本ハムに静岡県副知事らが要望

[ 2015年11月2日 05:30 ]

草薙球場での公式戦開催を要請した難波副知事(手前)ら関係者。右端は島田球団代表

 静岡県の難波喬司副知事らが札幌市内の日本ハム球団事務所を訪れ、静岡市の草薙野球場での来季以降の公式戦開催を要望した。

 セ・リーグを中心に年間で数試合にとどまっているのを増やしたい意向で、難波副知事は「パ・リーグは魅力的。来てもらえると盛り上がる」と試合の開催を熱望。チームには静岡県出身の増井、浦野が在籍しており、島田利正球団代表は「競技人口が減っているのでプロ野球の空洞化を避けなければいけない。気持ちとしては前向き」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年11月2日のニュース