ソフトB柳田 侍辞退で代役は今宮濃厚 内川の代役は中村晃

[ 2015年11月2日 07:35 ]

ソフトバンクの柳田

国際大会「プレミア12」

 ソフトバンクの工藤公康監督(52)が1日、柳田悠岐外野手(27)が左脛骨(けいこつ)骨挫傷の影響で、「プレミア12」に出場する日本代表を辞退すると明かした。

 柳田は9月26日ロッテ戦(QVCマリン)で死球を受けたが、日本シリーズにも痛みを抱えて出場していた。工藤監督は「本人は“大丈夫”と言っていたが、無理したところはあったんじゃないか。次の機会に選ばれるようにやってほしい」と語った。代役は同僚の今宮健太内野手(24)が濃厚だ。

 またこの日、左肋骨骨折で日本シリーズを欠場した内川聖一外野手(33)に代わり、中村晃外野手(25)の代表入りがNPBエンタープライズから発表された。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年11月2日のニュース