DeNA 関根ら“若手成長株”をアジア・ウインターリーグ派遣

[ 2015年11月2日 05:30 ]

 DeNAの関根、柿田、山下幸、飯塚らが今月下旬に台湾で開催されるアジア・ウインターリーグに参加する。

 ラミレス新監督は「将来、活躍できる素質を持った若い選手が多い」と分析しており、来季の活躍が期待される若手成長株の派遣が決まった。高卒2年目の関根は今季55試合出場で打率.222、1本塁打。来季は中堅の定位置獲りを狙う。13年ドラフト1位の柿田は2年間で1軍登板なし。守護神・山崎康と同学年の右腕は飛躍のきっかけをつかむ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年11月2日のニュース