日本ハム・武田勝FA行使せず 途中加入の矢野も残留決定

[ 2015年11月2日 17:44 ]

 日本ハムの武田勝投手が2日、千葉県鎌ケ谷市内で国内フリーエージェント(FA)権を行使せずに残留することを表明した。野球協約の減額制限(1億円超は40%)を超える7千万円減の年俸4千万円プラス出来高払いで合意した。プロ10年目は9試合で3勝2敗に終わり「ベテランの頑張りがなかったから2位だった。何か貢献できることを模索していきたい」と気持ちを新たにした。

 今季途中にトレードで巨人から加入した矢野謙次外野手も、国内FA権を行使せずに残留が決まった。現状維持の年俸5千万円プラス出来高払いで合意し「コンスタントに活躍できるように、今からしっかりやりたい」と14年目へ意気込んだ。(金額は推定)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年11月2日のニュース