ヤクルト中村 李大浩に雪辱誓う ライアンは武田のカーブに興味

[ 2015年11月2日 05:30 ]

プレミア12に向け調整する小川(右)と中村

国際大会「プレミア12」

 侍ジャパンのヤクルト・中村が神宮外苑で練習し、日本シリーズの雪辱を誓った。

 開幕戦で対戦する韓国の李大浩(イ・デホ)(ソフトバンク)にはシリーズ5試合で打率・500、2本塁打、8打点を許し「リベンジできたらいい。日の丸を背負う責任感を持って戦う」。また、小川もキャッチボールなどで調整し、代表で同僚になるソフトバンク・武田の落差の鋭いカーブについて「チャンスがあれば(投げ方を)聞きたい。凄い武器になる」と興味を示した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年11月2日のニュース