ロッテ 投手戦制して楽天3連破!清田の好走で勝利もぎ取る

[ 2015年9月23日 15:51 ]

<ロ・楽>6回、2死二塁から井口の遊撃内野安打で二走・清田が生還する

パ・リーグ ロッテ1―0楽天

(9月23日 QVC)
 ロッテが楽天との投手戦を制してカード3連勝を決めた。

 試合はロッテのチェン、楽天のレイ、両軍先発投手の投げ合いでスコアボードに「0」が並ぶ展開。均衡が破れたのは6回、ロッテは2死で二塁に清田を置いて井口が遊撃へのゴロを放つと、一塁は間一髪でセーフ。この間に清田が一気に本塁を陥れ、これが決勝点となった。

 チェンは6回途中、5回2/3を投げて5安打無失点の好投。白星は2番手・益田について3勝目をマークした。9回は西野が試合を締めて34セーブ目。

 楽天は先発のレイが6回4安打1失点と好投を見せたが、打線が5安打無得点と援護なく7敗目。チームは今季12度目の完封負けで、連敗は3に伸びた。

続きを表示

この記事のフォト

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2015年9月23日のニュース