西武 高橋朋が緊急降板 足首負傷し担架で運ばれる

[ 2015年9月23日 16:26 ]

<西・オ>8回、2死の場面で打球を左足で止めた高橋朋は、はじいたボールを拾いに行き、右足をひねって転倒する

パ・リーグ 西武―オリックス

(9月23日 西武プリンス)
 西武の高橋朋が23日の登板で打球を追う際に足首を痛めて緊急降板した。

 高橋朋は8回から4番手の投手として、8―4とリードの場面で登板。2アウトを奪い、迎えた代打・伊藤の打球を足に受け、一塁線へと転がるボールを追いかけたが、この際に右足首をひねりその場に倒れ込んだ。

 立ち上がることができない高橋朋は担架に運ばれながらグラウンドを後にし、5番手の投手には増田がコールされた。

続きを表示

この記事のフォト

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2015年9月23日のニュース