選手会会長の楽天・嶋、早すぎる死悼む「ゆっくり休んで」

[ 2015年9月23日 05:30 ]

選手会定期総会で会場入りする松原徹事務局長(右)と楽天・嶋=14年12月

選手会事務局長・松原徹氏が死去

 労組日本プロ野球選手会の会長を務める楽天・嶋は「自分の体調より、野球界の発展のため、毎日毎日、取り組んでいた。ゆっくり休んでいただきたい」と早すぎる死を悼んだ。

 松原事務局長と最後に会ったのが、7月17日に都内で開かれた選手会総会。「少し痩せられていた。体調のことも正直に話してくれて“これからの野球界を任せた”と話をしてくれた」と明かした。

 球界再編問題などで選手側に寄り添って尽力した松原氏に感謝しながら「野球界の問題にしっかり向き合って、良い報告ができるよう頑張っていきたい」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年9月23日のニュース