PR:

阪神・中村勝広GMが急死 66歳 ホテルで心肺停止状態に…

阪神・中村勝広GM

 プロ野球阪神タイガースのゼネラルマネジャー、中村勝広(なかむら・かつひろ)さんが23日、亡くなった。66歳。千葉県出身。

 この日正午前、都内のホテルの部屋で心肺停止状態で見つかった。救急隊が到着した時には既に全身が硬直。その場で死亡が確認された。病死とみられる。

 中村さんは、1971年のドラフト2位で早大から阪神に入団。1年目から頭角を現し、3年目で二塁手のレギュラーを獲得、堅実なプレーで70年代のチームを支えた。82年に現役を引退。翌年から阪神の2軍監督を務め、86年にはウエスタン・リーグでの優勝を果たした。

 90年に1軍の監督に昇格。92年に2位とAクラス入りしたものの、翌年以降は低迷が続いた。95年7月23日を最後に途中休養し、シーズン終了後に辞任した。

 2003年からオリックスのGMに就任。06年からオリックスの監督就任したが、5位に終わり、1年で辞任。その後も09年まで球団に残った。12年8月、阪神のGM就任要請を受け、翌月にGMに正式就任した。

[ 2015年9月23日 14:57 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:11月20日20時〜21時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      プロ野球

      カレッジスポーツ

      特集・コラム