マー君 野茂以来2人目“W開幕投手”!岩隈と投げ合いも

[ 2015年7月14日 05:30 ]

<レッドソックス・ヤンキース>試合前、上原(左)の見守る中、遠投を行う田中

 ヤンキース・田中将大投手(26)が12日(日本時間13日)、後半戦開幕投手に指名された。レッドソックスと前半戦最終戦を戦ったこの日、ジョー・ジラルディ監督が後半戦の先発ローテーションを発表。田中は初戦の17日(同18日)マリナーズ戦先発に決まった。日本選手でシーズン開幕と後半戦開幕に同一シーズンで先発するのは、03年の野茂英雄(当時ドジャース)以来2度目となる。

 「後半戦初戦を任されることになりましたが、いつも通りしっかり準備して試合に臨みたいと思います」と語った田中は遠投で調整した。ローテーション通りなら、後半戦開幕はサバシア→田中→ピネダの並びだったが、指揮官は田中→ピネダ→サバシアと入れ替えた。「田中が健康であることはチームにとって重要なこと」と話し、後半戦でも中4日の登板機会を可能な限り減らすため、先発6人制を随時導入する方針を口に。「各投手の状態を見て、決めていきたい」とし、エースの健康状態をキープしたまま柱に据える考えだ。

 相手のマ軍先発ローテーションは発表されていないが、岩隈と投げ合う可能性もある。「チームも首位で折り返せたので後半戦も良いスタートが切れるように投げたい」と田中。2位とのゲーム差を3・5と広げ、季節は勝負の時へ。3年ぶりポストシーズン進出の鍵は田中の右腕が握る。(ボストン・後藤 茂樹)

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2015年7月14日のニュース