藤川球児、正式に自由契約 プロ野球とも交渉可能に

[ 2015年5月25日 07:50 ]

レンジャーズから自由契約となった藤川(AP)

 米大リーグ、レンジャーズは24日、球団ホームページで藤川球児投手(34)の自由契約とする手続きがすべて完了したと発表した。藤川はこれで正式に自由契約となり、日本国内の球団を含めた日米全球団と入団交渉が可能となった。

 17日にメジャーでプレーできる40人枠から外れた藤川はウエーバーにかけられたものの、獲得を希望する球団がなく、藤川自身がマイナー行きを拒否して自由契約を望んだため、今回の手続きとなった。古巣・阪神が獲得に興味を示すなど、3年ぶりに日本球界へ復帰する可能性もある。

 藤川は13年にカブス入りしたが、6月に右肘のじん帯再建手術(通称トミー・ジョン手術)を受けた。今季、1年契約でレンジャーズ入り。オープン戦終盤に右脚付け根の張りを訴えてDL入りし、2試合で勝敗なしの防御率16・20。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2015年5月25日のニュース