青木 3打数2安打も…ジャイアンツ大敗

[ 2015年5月25日 10:27 ]

ナ・リーグ ジャイアンツ2―11ロッキーズ

(5月24日 デンバー)
 米大リーグ、ジャイアンツの青木は24日(日本時間25日)、デンバーでのロッキーズ戦に「1番・左翼」で出場、3打数2安打1四球と活躍した。ジャイアンツは2―11で大敗し、2連敗。

 青木は初回の第1打席で中前打を放つと、3回の第2打席は遊直に倒れたものの、6回の第3打席で四球を選び、9回の第4打席では左中間二塁打と3度出塁。だが、得点に結びついたのは11点差がついた9回だけだった。打率は2割9分5厘。

 ▼青木の話 全部の打席がいい打席だったと思う。いい形になってきたので、あしたからもいいイメージを持って臨みたい。(2日連続降雨で試合開始が遅れ)なるべくなら時間通りに始まってほしいけど、集中力を切らさずに打席に入れた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2015年5月25日のニュース