バーニー「本当に幸せ」 ヤンキースタジアムで51欠番式典

[ 2015年5月25日 10:54 ]

ヤンキースの背番号51を永久欠番とするセレモニーで、記念碑を前に昨季限りで引退したデレク・ジーター氏(左)と談笑するバーニー・ウィリアムズ氏

 ヤンキースで両打ちの外野手として活躍したバーニー・ウィリアムズ氏の背番号51を永久欠番とするセレモニーがヤンキースタジアムで行われた。ウィリアムズ氏は「プエルトリコから来たやせっぽちの17歳だった。自分がこんな瞬間を迎えられるなんて。本当に幸せ」と感無量の面持ちでスピーチした。

 ヤンキース一筋16年だったウィリアムズ氏は通算2336安打で4度のワールドシリーズ制覇に貢献。式典には昨季限りで現役を引退したデレク・ジーター氏や歴代最多セーブのマリアノ・リベラ氏らチームの黄金期を支えた同僚が祝福に駆けつけた。(共同)

続きを表示

この記事のフォト

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2015年5月25日のニュース