中日3連敗でテコ入れ…小熊、祖父江、松井佑の2軍降格決定

[ 2015年5月25日 05:30 ]

<中・巨>初回2死二塁、坂本(右)に先制2ランを浴び、ガックリの小熊

セ・リーグ 中日2-5巨人

(5月24日 ナゴヤD)
 中日は痛恨の3連敗で交流戦に臨むことになった。先発の小熊が初回2死から亀井を歩かせ、坂本に左越え先制2ランを被弾。これでリズムを崩すと、3回6安打3失点で早々とマウンドを下りた。

 「自分のピッチングができなかっただけです」

 過去2度の先発では、好投しながらリリーフ陣が逆転されて白星が消えた右腕。ただ、今回は連敗ストップを任された中で、本来の投球ができなかった。巨人3連戦は、吉見、大野、小熊でホームでは今季初の3連敗。それぞれ登板前の防御率0・55、1・47、0・69と抜群に安定していた3枚での全敗は痛い。

 谷繁兼任監督も「初回に2死から四球、そこで2ナッシングから盗塁されてホームランですからね」と渋い表情。試合後のコーチミーティングで小熊、祖父江、松井佑らの2軍降格が決まり、チームにテコ入れして出直す構えだ。

 ▼中日・友利投手コーチ(先発・小熊に)吉見、大野とやられた中で、自分がいいところを見せようと背伸びしてしまった。何人か(1、2軍を)入れ替える。

続きを表示

この記事のフォト

「稲村亜美」特集記事

「清宮幸太郎」特集記事

2015年5月25日のニュース