球宴ファン投票中間発表 西武・森が両リーグ最多得票

[ 2015年5月25日 15:50 ]

西武・森

 マツダオールスターゲーム2015(第1戦=7月17日・東京D、第2戦=同18日・マツダ)のファン投票の第1回中間発表が25日に行われた。

 西武の森友哉捕手(19)がDH部門で両リーグ最多得票となる3万2458票だった。注目の先発投手部門ではセ・リーグが広島・黒田博樹投手(40)、パ・リーグは日本ハムの大谷翔平投手(20)が1位だった。

 抑え投手部門では、DeNAのドラフト1位、山崎康晃投手(22)が新人で唯一となる1位に。パでは松井裕樹投手(19)が1位となった。

 各部門のトップと外野手部門の3位までを含め、球団別では、広島、DeNAの5人が最多となった。

 中間発表は土、日曜を除いて6月22日まで行われ、最終結果は同26日に発表される。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「清宮幸太郎」特集記事

2015年5月25日のニュース