イチロー「行けと言われれば行く」左対左で代打安打

[ 2015年5月25日 10:03 ]

オリオールズ戦の8回、代打で出場し、中前打を放つマーリンズのイチロー

インターリーグ マーリンズ5―2オリオールズ

(5月24日 マイアミ)
 マーリンズのイチローは8回2死から代打で起用され、左腕マティスから中前打した。これで大リーグ歴代41位のメル・オットの通算2876安打に並んだ。

 1ボール2ストライクに追い込まれ「どちらを待つかと言われればあのボール。真っすぐはファウルするという考え方」と相手の決め球スライダーを狙った。真ん中低めに鋭く沈む球をたたき、二遊間をゴロで抜いた。

 あえて左対左で代打に起用されたのは、この打席まで5打数3安打と得意にしていたからだ。イチローは「体はできているから、行けと言われれば行く」とクールに話した。(共同)

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2015年5月25日のニュース