イチロー、初のナ・リーグ 待ち受ける若手との定位置争い

[ 2015年1月24日 17:01 ]

マーリンズ入りが決まったイチロー

 米大リーグ、ヤンキースからフリーエージェント(FA)となったイチロー外野手(41)=本名鈴木一朗=が1年契約でマーリンズ入りすることが23日、分かった。初めてとなるナ・リーグ球団では実力のある若手3人とのレギュラー争いが待ち受けている。

 マーリンズ外野陣は昨季本塁打王に輝いた25歳のスタントン選手が右翼を守る。今オフに13年総額3億2500万ドル(約384億円)の大型契約を結んだチームの核だ。中堅は強打の24歳オズナ選手、左翼は俊足の23歳イエリチ選手が定位置を固める。

 イチロー選手は年俸が昨季の650万ドルから200万ドル(約2億4千万円)に下がった。新天地では4番手の位置付けだが、控えからのスタートだった昨季は143試合に出場して打率2割8分4厘、15盗塁をマークした。再び健在を示せるか期待される。(共同)

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2015年1月24日のニュース