ダル 右肘回復は「すごく順調」 今季に自信「変える必要ない」

[ 2015年1月24日 12:00 ]

ファンとのイベントに参加したレンジャーズのダルビッシュ。左はチームメートのアンドルス

 レンジャーズのダルビッシュ有投手が23日、昨季終盤の戦線離脱の原因となった右肘の炎症について「(回復は)すごく順調。例年と同じようにキャッチボールができているので、(昨年までのペースを)何も変える必要はないと思う」と語るなど自信を見せた。

 この日はダラスで同僚らとともにファンとの食事会に参加。記者投票で昨季のチーム最優秀投手に選ばれていた同投手は、その後に行われた表彰式で記念品を受け取った。

 練習は本拠地球場などで続けており「今は自分のトレーニングをして筋力とか戻ってきているし、腰なども不安はない」と言う。今季に向けては「ヘルシーにいられれば、ある程度イニングは投げられる。体調面をしっかりと調えていければ大丈夫」と話した。(共同)

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2015年1月24日のニュース