良太“腰痛再発防止”2軍スタート 出遅れドラ1横山も

[ 2015年1月24日 08:35 ]

 昨シーズン終盤に腰痛を発症させた阪神・新井は、大事を取って2軍スタートが決まった。高代内野守備走塁コーチは「慎重にね。再発が一番怖い。本人は(沖縄に)行きたかったかもしれないけど、和田監督と話をして高知スタートにしました」と方針を説明した。

 新井はオフも休まず治療、トレーニングに励んだ。現在はノック、マシン打撃などにも取り組んでおり、状態は極めて良好だ。調整を進め、沖縄合流を目指していく。

 投手では岩崎が調整遅れで安芸へ。「昨年も安芸でやっていたので、同じようにできれば。開幕に向けて、しっかり結果も出していきたい」と巻き返しを誓う。この日は年明け初のブルペン入りで、捕手を立たせて30球を投じた。また、左胸鎖関節の炎症で出遅れたドラフト1位の横山(新日鉄住金鹿島)も2軍キャンプでスタートする。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2015年1月24日のニュース