楽天ドラ1安楽 体力測定で悲鳴「きつい…」

[ 2015年1月24日 12:56 ]

安楽(右)は同僚の入野(左)に励まされながら、脚力を測定

 楽天の新人9選手が24日、宮城県柴田町の仙台大学で体力測定を実施。最新機器を使用して最大酸素摂取量と膝屈曲伸展を計測した。

 膝屈曲伸展は脚力のバランスを調べるもので、バランスが悪いと肉離れの原因になるという。ドラフト1位・安楽は苦悶の表情を浮かべながら、太股を懸命に動かし「きつい…」と疲労困憊(こんぱい)の様子だった。

 また、最大酸素摂取量の測定は摂取量が多ければ疲れにくく、疲労も回復しやすいという。ドラフト4位・フェルナンドは大粒の汗をかきながら、マスクをつけて約10分間走り続けた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2015年1月24日のニュース