「永遠の22歳」ヤクルト三輪 31歳の決意「一生懸命やるだけ」

[ 2015年1月24日 14:40 ]

23日に31歳の誕生日を迎え、「31」のポーズを決めるヤクルト・三輪

 ヤクルトの三輪正義内野手(31)が24日、埼玉県戸田市内の戸田球場で自主トレを行った。

 23日に31歳の誕生日を迎えたばかり。当日は夫人と箱根の旅館で過ごしたそうで「ケーキも食べたし、焼肉の食べ放題券をもらいました」と笑顔を見せた。

 チームの盛り上げ役は「永遠の22歳」と笑いながらも「チームでも(年齢が)上の方になっている。自分もやらないといけない。僕の持ち味は一生懸命にやることなので、何歳とか関係なくやるだけ」と31歳の抱負を口にした。

 内外野守れるユーティリティープレーヤ―。緊急時の捕手の準備もこなす三輪は「目の前のことを一生懸命やるだけです。やれと言われたところでやるしかない」と話した。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2015年1月24日のニュース