元近鉄エース井本隆氏が死去 64歳すい臓がんで

[ 2015年1月24日 06:30 ]

近鉄時代の井本氏

 近鉄のエースとして活躍した井本隆(いもと・たかし)氏が21日午後11時18分、すい臓がんのため千葉県松戸市の病院で死去した。64歳。高知県出身。葬儀・告別式は、24日に近親者のみで営む。

 高知・伊野商高から社会人の鐘淵化学を経て72年ドラフト3位で近鉄に入団。2年目の74年には35試合に登板して2セーブをマークすると先発投手として活躍。内角を鋭くえぐるシュートを武器に79、80年には15勝を挙げてリーグ2連覇に貢献し、広島との日本シリーズでは2年とも第1戦の先発を任された。83年にヤクルトに移籍し、84年に現役引退。通算成績は320試合で81勝75敗8セーブ。近年は少年野球の指導に携わっていた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2015年1月24日のニュース