ノムさん「古田の成長に合わせてチームは強くなっていった」

[ 2015年1月24日 05:30 ]

98年、野村監督は古田の後ろでぼやく
Photo By スポニチ

野球殿堂プレーヤー表彰

 【古田氏殿堂入りに祝福の声】

 ▼野村克也氏(古田の選手時代の監督) ヤクルトで9年間監督を務めた間に4度リーグ優勝したが、古田の成長に合わせて、チームは強くなっていった。まさに「優勝チームに名捕手あり」の典型で、殿堂入りを誇りに思う。

 ▼野村謙二郎氏(スポニチ本紙評論家。88年ソウル五輪日本代表のチームメート)当時は私は大学生で、送球が素晴らしい、凄い捕手だと思った。プロでも活躍し、監督もされ、当然の殿堂入り。同世代として大変喜ばしい。今後も野球界にご尽力いただき、ご指導を仰ぎたい。

 ▼広澤克実氏(スポニチ本紙評論家。ヤクルトでともにプレー)殿堂入りに値して余りある現役時代の活躍だった。まだ40代。もう一回ヤクルトの監督をして、野球界のために一肌脱いでほしい。

 ▼石井一久氏(ヤクルト時代にバッテリー。スポニチ本紙評論家)古田さんが現役時代に一番、球数を受けた投手が僕という話を聞いたことがあります。そういう偉大な捕手に、プロに入った時から受けていただいたことは非常に光栄です。これからも野球界のために力を注いでいただければ、日本球界もますます発展していくと思います。

続きを表示

この記事のフォト

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2015年1月24日のニュース