阪神も!金子獲り参戦 中村GM「もともと欲しかった投手」

[ 2014年11月14日 06:40 ]

グラブには日の丸、手にはメジャー球…都内で自主練習を行った金子は揺れる心を隠しきれず考えこむ?

 日米からの熱視線。その去就に大きな注目が集まるオリックス・金子が、14日の日米野球第2戦(東京ドーム)に先発する。

 この日は神宮室内でキャッチボールなどで調整。自身は無言を貫いたが、大会前には「真剣勝負なので、正直楽しむ余裕はない」と話していた。メジャーの強力打線を相手に、いかにアピールするか。試金石のマウンドとなる。

 金子は11日に国内FA権の行使を表明。一方でポスティング・システムを利用しての大リーグ移籍も視野に入れており、前例のない国内FAとの「併用」となれば、日米42球団との交渉が可能となる。そんな右腕に対し、海の向こうから高い評価が届いた。GM会議が行われている米アリゾナ州で、フィリーズのルーベン・アマロGMが金子について言及。「彼の投球は去年、日本で見た。スカウトも日本にいるし、親しみを持っている」と話した。

 フ軍は今季、14年ぶりにナ・リーグ東地区最下位に沈んだ。チーム防御率はリーグ15球団中12位の3・79。唯一2桁10勝を挙げたケンドリックはFAとなり、現時点で先発は3人しかいない。沢村賞右腕はこれ以上ない補強候補ともいえる。

 一方で国内では、新たに阪神が獲得へ名乗りを上げた。これまでの静観姿勢から一転して、中村勝広GMがこの日「もともと欲しかった投手。機会があれば交渉のテーブルに着かせてもらう」と明言。国内球団で獲得に動くのは中日、ソフトバンク、楽天に続いて4球団目。まさに日米を巻き込んでの大争奪戦に発展しそうな気配だ。

 金子自身は14日の先発に備え、硬いマウンドに対応するメジャー仕様のスパイクを用意。ミッドソールと呼ばれる衝撃吸収素材が、通常より多く入っているものだ。小久保監督も「野球人生で一番注目される登板になる」と言う一戦。金子にとっては己の未来を切り開くマウンドになる。

続きを表示

この記事のフォト

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年11月14日のニュース