21U侍ジャパン、1-0で韓国破り決勝進出決める

[ 2014年11月14日 18:19 ]

 野球の第1回21U(21歳以下)ワールドカップ(W杯)は14日、台湾の台中で行われ、プロ、アマ混成の日本は2次リーグ第2戦で韓国に1―0で勝ち、16日の決勝進出を決めた。日本は15日の台湾戦を残して2位以上が確定した。

 日本は5回に武田(オリックス)の適時打で挙げた1点を守りきった。先発の上沢(日本ハム)は7回を5安打で乗り切り、ドラフト会議で中日1位指名の野村(三菱日立パワーシステムズ横浜)が9回を締めた。(共同)

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年11月14日のニュース