秋山前監督に熊本県民栄誉賞 12・11贈呈式

[ 2014年11月14日 05:30 ]

ナインに胴上げされる秋山前監督

 ソフトバンクを3年ぶりの日本一に導いた熊本県出身の秋山幸二前監督(52)に熊本県民栄誉賞が贈られることが決まった。熊本県の蒲島郁夫知事が13日に発表した。

 12月11日に県庁で贈呈式を行う。蒲島知事は「選手、監督時代を通して日本中に感動と勇気を与えてくれた」と話した。秋山氏は同県氷川町(旧宮原町)出身。1981年に県立八代高からプロ入りし、09年にソフトバンク監督に就任した。今季、監督として2度目の日本シリーズ制覇を達成し、退任した。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年11月14日のニュース