ダーク元監督が死去 ジャイアンツとアスレチックスをWシリーズ導く

[ 2014年11月14日 08:52 ]

 米大リーグのジャイアンツとアスレチックスをワールドシリーズ(WS)に導いた元監督のアルビン・ダーク氏が13日に死去したと同日、大リーグ公式サイトが伝えた。92歳だった。ジャイアンツを率いた1962年は敗れたが、アスレチックスを指揮した74年にはWSを制した。

 選手時代は主に遊撃手として活躍し、ジャイアンツ在籍時の54年にWS制覇に貢献。通算2089安打を記録し、オールスター戦に3度選ばれた。大学時代はアメリカンフットボールのスター選手でもあり、NFLのドラフト会議で指名された。(共同)

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2014年11月14日のニュース