ジャイアンツ救援陣が痛恨…3イニング連続被弾

[ 2014年10月14日 05:30 ]

<カージナルス・ジャイアンツ>9回にサヨナラ弾を放ったウォン(奥)と、ガックリ肩を落とすロモ(AP)

リーグ優勝決定シリーズ第2戦 ジャイアンツ4―5カージナルス

(10月12日 セントルイス)
 ジャイアンツのリリーフ陣がカ軍打線の一発攻勢に沈んだ。7回から3イニング連続で被弾。ブルース・ボウチー監督は「狙い通りに救援陣を使ったが、ミスを犯した」と肩を落とした。

 9回2死から相手暴投で同点。しかしその裏、6番手のロモが先頭ウォンにサヨナラ弾を浴びた。過去にポストシーズン20試合で1本塁打しか許していなかった右腕は、「どの打者もタフ。こういうことは起こり得る」と必死に前を向いた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年10月14日のニュース