日本ハム 下克上だ!2年ぶりCSファイナル進出 延長戦で中田翔が値千金弾

[ 2014年10月14日 22:15 ]

<オ・日>10回、無死、、勝ち越し本塁打を放ちガッツポーズで生還する中田

パCSファーストS第3戦 日本ハム2―1オリックス

(10月14日 京セラD)
 1勝1敗で迎えた、パ・リーグのクライマックスシリーズ(CS)ファーストステージの第3戦は14日、京セラドーム大阪で行われ、オリックス(パ2位)と日本ハム(同3位)が対戦。日本ハムが延長10回、中田の中越えソロ本塁打で勝ち越し、2―1でオリックスを振り切り、2年ぶりのCSファイナルステージ進出を決めた。日本ハムは15日から福岡でソフトバンク(同1位)に挑戦する。

 1点を追う日本ハムは6回、1死一、三塁で代打稲葉が右前適時打を放ち同点に。終盤再三ピンチを背負いながらも投手陣が踏ん張り、得点を与えなかった。10回に平野佳から先頭の中田がセンターバックスクリーンに飛び込む一撃で試合を決めた。

 オリックスは初回、先頭の駿太が右翼ポール直撃の先頭打者本塁打を放ち先制。先発の西は3回以降毎回得点圏に走者を許しながら得点を与えず、粘りの投球をみせたが、好機に得点できず、初のファイナルステージ進出はならなかった。

続きを表示

この記事のフォト

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2014年10月14日のニュース