DeNA多村、FA権行使せず残留 すでに球団側と会談

[ 2014年10月14日 07:08 ]

 DeNAの多村仁志外野手(37)が国内フリーエージェント(FA)権を行使せず、残留することが13日、分かった。

 球団関係者によると、多村は7日に横須賀市内の球団寮で高田繁GMと会談。FA権の行使について聞かれ「使いません」と伝え球団側も来季の契約を結ぶ方針だ。

 今季は73試合に出場し、打率・272、4本塁打。両アキレス腱痛など度重なる故障に苦しんだが、対左投手は打率・375と「左キラー」ぶりを発揮した。来年3月で38歳となり、プロ21年目を迎える。チームを思う気持ちは強く「自分から横浜を出ていく理由はない」と話している。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年10月14日のニュース