来年度部員募集停止のPL学園 主将は選抜出場へ意欲「結果を残したい」 

[ 2014年10月14日 17:43 ]

 高校野球の秋季近畿大会(18日開幕・わかさスタジアム京都)の組み合わせ抽選会が14日、大阪市内で行われ、来年度の野球部員を募集しないことが決まったPL学園(大阪)は18日の1回戦で近江(滋賀)と対戦することが決まった。謝名堂陸主将は「甲子園に行き、勝って結果を残したい」と選抜大会出場に意欲を示した。

 近畿大会は来春の選抜出場校を選考する重要な資料となる。PL学園は2009年夏を最後に甲子園大会から遠ざかっており、謝名堂主将は甲子園に出場することで「(野球部員の募集再開も)あればいいと思っている」と話した。

 再来年度以降の部員受け入れについて、同席した池田秀男部長は「分からない」と詳細を語らず、保護者からの問い合わせも「ない」と話すにとどめた。

 近畿大会は16校が出場し、同地区からは一般選考で6校が選抜大会に出場する。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年10月14日のニュース