巨人 川相Jr.を指名へ 現役への未練を断ち切れず米国でプレー

[ 2014年10月14日 16:27 ]

桜美林大時代の川相拓也氏

 巨人が23日に行われるドラフト会議で、川相昌弘ヘッドコーチ(50)の次男で、今春まで桜美林大野球部でコーチを務めていた拓也氏(23)を指名する方向であることが13日、分かった。

 桐蔭学園では実績を残せなかったが、首都大学リーグ2部の桜美林大進学後に素質が開花。1年秋からレギュラーとなり、4年時には主将を務めた。父の川相ヘッドと同じポジションの遊撃で1度、二塁で2度ベストナインに輝き、13年3月に桜美林大を卒業。今春まで同大のコーチを務めたが、現役への未練を断ち切ることはできず、復帰を決断した。7月には米国に渡り、アマチュア選手で構成されるテキサス州の「ウインターリーグ」でプレー。約1カ月滞在し、14試合で打率・405をマークした。

 これまで大舞台での華々しい実績はない。だが、父も82年のドラフト4位と入団時の評価は高くなかった。その後投手から遊撃手に転向。地道な努力を重ね、89年にゴールデングラブ賞を初受賞した。中日移籍後の06年10月15日の横浜戦(ナゴヤドーム)では、自身の引退試合の中で、前人未到の通算533犠打を記録。ギネス記録としても認定されている。偉大な父のDNAを受け継ぐ拓也氏も、入団後に飛躍する可能性は秘めている。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年10月14日のニュース