秋山監督 言葉選んで説明「いま振り返ることはしない」

[ 2014年10月14日 17:20 ]

退任会見を行う秋山監督

 ソフトバンクの秋山監督は言葉を選びながら、退任の理由を説明した。

 ―なぜなのか。

「2軍監督、1軍コーチ、監督で10年目。何か区切りをつけたいと思ってずっとやってきた。ただ、それだけ」

 ―いつから退任を意識してきたのか。

「意識は毎年している。監督を受けた時からチームを背負う責任がある。(ことしは)一番強く感じた」

 ―理想に近づけたか。

「チームは毎年毎年変わる。1年目のチームとことしリーグ優勝したチームでは、戦い方も必然的に変わってくる。(結果としては)勝ちに結びつけられてよかった」

 ―リーグ優勝での涙は退任も理由にあったか。

「ない。144試合目で優勝できた、それが単純にうれしかった」

 ―最後の年にリーグ優勝できた。

「いま振り返ることはしない。いまはあしたからの戦いと、どう日本一を取るか、しか考えていない」

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年10月14日のニュース