秋山監督今季限りで辞任 ソフトバンク、後藤球団社長が午後会見へ

[ 2014年10月14日 11:25 ]

ヤフオクドームに到着したプロ野球ソフトバンクの秋山幸二監督(中央)

 ソフトバンクの王貞治球団会長(74)が14日、ヤフオクドームで取材に応じ、秋山幸二監督(52)の今季限りでの辞任を報じた同日付スポニチ本紙記事を受けて、午後に後藤芳光球団社長兼オーナー代行(51)が会見することを発表した。

 王会長は「今の段階で、どうこうということはない」としながらも「社長の口から発表するということで、フロントとして調整している」と話した。

 秋山監督は3年契約最終年の今季、チームを3年ぶりのリーグ優勝に導いたが、終盤に1勝9敗と失速してオリックスに猛追された責任を痛感。先月30日、王会長の続投要請に対して頭を下げ、辞意を伝えた。

 15日からはクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージ(ヤフオクドーム)が開幕。秋山監督は監督生活の集大成として、3年ぶりの日本一奪回を目指して指揮を執る。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年10月14日のニュース