CS初 ドームでも中止に…台風で交通機関の乱れ考慮

[ 2014年10月14日 05:30 ]

台風のため、京セラドームでのクライマックスシリーズは中止に

 パ・リーグのCSファーストS第3戦が大型で強い台風19号の影響をもろに受けた。パ・リーグと主催のオリックスの協議の結果、午前9時に中止決定。この時点で雨は降りだしていなかったが、交通機関の乱れが予想され、パ・リーグ仲野和男統括は「来場よりも帰宅の足が混乱するため」と説明した。

 京セラドームの試合中止は04年9月7日の近鉄―西武戦以来3度目(いずれも台風の影響)。ドーム球場でのCSが中止になるのは初だ。オリックスの球団事務所には問い合わせ電話が200件以上も殺到した。第3戦は14日(午後6時開始)に順延。勝ち上がったチームは、移動日なしで15日からのソフトバンクとのファイナルS(ヤフオクドーム)に臨む。両球団とも移動の新幹線を予約し直すなど対応に追われ、ファイナルS第1戦先発予定投手らは、14日の試合結果を待たずに福岡へ先乗りすることになる。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年10月14日のニュース