ドラフト展望 1番人気は早大・有原 亜大・山崎も競合の可能性

[ 2014年10月14日 09:18 ]

今年のドラフト1番人気の早大。有原

 各球団のスカウト陣からは「今年のドラフト1位は限られてくる」との声を聞く。そんな中、1番人気は早大・有原だ。最速156キロ右腕はプロ1年目から2桁勝利が期待できる。すでに地元の広島が1位指名を公言するなど複数球団の競合は間違いない。

 亜大の右腕・山崎も競合する可能性はある。抽選を避けたい球団は、左投手が補強ポイントなら、明大・山崎、新日鉄住金鹿島・横山らが候補になる。将来性を買って済美・安楽、盛岡大付・松本ら、高校生投手にシフトする球団も出てくるだろう。

 一方で野手の1位候補には智弁学園・岡本、早大・中村の名が挙がる。ともに右の大砲で、単独指名も考えられる。

◇今秋の主なドラフト1位候補◇
【投手】
松本 裕樹(18)盛岡大付
高橋 光成(17)前橋育英
安楽 智大(17)済美
小野  郁(17)西日本短大付
有原 航平(22)早大
山崎 福也(22)明大
石田 健大(21)法大
山崎 康晃(22)亜大
横山 雄哉(20)新日鉄住金鹿島
【内野】
岡本 和真(18)智弁学園
中村 奨吾(22)早大

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年10月14日のニュース