阪神はパワー投手 151キロ左腕・福地を上位候補に

[ 2014年10月14日 06:54 ]

阪神上位候補に浮上してきた三菱日立パワーシステムズ横浜・福地

 補強ポイントの即戦力左腕を狙う。阪神が今秋ドラフトの上位指名候補として三菱日立パワーシステムズ横浜の福地元春投手(24)をリストアップしていることが13日、分かった。球団関係者は「左であれだけのパワー投手は、今年はいない」と高評価した。3位前後での指名を検討しているとみられる。

 福地は1メートル82、88キロの恵まれた体格から、最速151キロの直球を投じる本格派左腕。福岡六大学リーグの九州共立大では同期の川満(ロッテ)、1学年後輩の大瀬良(広島)の陰に隠れがちだったが、三菱日立パワーシステムズ横浜に入社後、才能が開花した。1年目は主に中継ぎを任され、2年目の今年からは先発も務めるなどフル回転。2年連続で都市対抗のマウンドを踏んでおり、大舞台の経験も豊富だ。

 もちろん即戦力だ。9月27日の日本ハム2軍とのプロ・社会人交流戦では先発して4回無失点。プロ相手にその実力を証明した。制球力、変化球の種類に若干の課題を残すものの、持ち味である直球の威力は抜群。プロでも短いイニングなら、1年目から十分通用する力を持っている。安藤、福原、加藤ら中継ぎ陣の高齢化が進み、中継ぎ左腕不足に悩む阪神としては、是が非でも獲得しておきたい逸材だ。

 阪神はすでに、1位候補の早大・有原、済美・安楽、前橋育英・高橋光らを筆頭に指名候補選手約60人をリストアップ。23日のドラフト会議前日にスカウト会議を開き、最終決定する予定だ。

 ◆福地 元春(ふくち・もとはる)1990年(平2)6月21日、沖縄県出身。自由ケ丘高3年夏の福岡大会は5回戦で福岡工大城東に敗れる。九州共立大では福岡六大学リーグ通算5試合2勝0敗、防御率1.29。三菱日立パワーシステムズ横浜入社後に頭角を現し、2年目の今年から先発も務める。1メートル82、88キロ。左投げ左打ち。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年10月14日のニュース